保険適用例

地震保険の支払事故例
リビングプロテクト総合保険に地震保険もあわせてご契約いただきますと、地震・噴火・津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする火災・損壊・埋没・流失によって家財が損害を受けた場合に保険金をお支払いします。
地震
[事故例]
①地震で火災が発生し、建物が全焼した。
②地震で建物が倒壊した。
③津波により建物が流された。
[補償内容]
地震等によりご契約の家財に以下の損害があった場合、お支払いする保険金は以下のとおりです。

2016年12月31日以前始期

  • 全損時 ・・・・・ 家財の地震保険金額の100%(時価額が限度)
  • 半損時 ・・・・・ 家財の地震保険金額の50%(時価額の50%が限度)
  • 一部損時 ・・・ 家財の地震保険金額の5%(時価額の5%が限度)
※ 損害の程度の基準は・・・
全損 ・・・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の80%以上となった場合
半損 ・・・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の30%以上80%未満となった場合
一部損 ・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の10%以上30%未満となった場合

2017年1月1日以降始期

  • 全損時 ・・・・・ 家財の地震保険金額の100%(時価額が限度)
  • 大半損時 ・・・ 家財の地震保険金額の60%(時価額の60%が限度)
  • 小半損時 ・・・ 家財の地震保険金額の30%(時価額の30%が限度)
  • 一部損時 ・・・ 家財の地震保険金額の5%(時価額の5%が限度)
※ 損害の程度の基準は・・・
全損 ・・・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の80%以上となった場合
大半損 ・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の60%以上80%未満となった場合
小半損 ・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の30%以上60%未満となった場合
一部損 ・・・ 地震等により損害を受け、損害の額が家財全体の時価の10%以上30%未満となった場合

損害の程度である「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の認定は、個々の家財の損傷状況によらず、家財を大きく5つに分類し、その中で一般的に所有されていると考えられる品目の損傷状況から、家財全体の損害割合を算出して行います。詳細は、地震保険「ご契約のしおり」でご確認ください。


  • 保険適用例
  • ご契約中のお客様へ(契約更新・内容変更)
  • 新規加入ご希望のお客様へ(お問い合わせ・資料請求)
  • エイブル&パートナーズ

ABLE & PARTNERS